フットサルあるある10選 ~ネガティブ編~

前回の続き。今回は「ネガティブ編」。学生時代にフットサル審判のアルバイトをしていたのですが、その時の記憶も辿って書きました。シーズンオフの暇つぶしにどうぞお付き合い下さい。

【1】「ビギナークラス」大会にビギナーは出場していない
→エンジョイクラスなのに荒れた試合が多い大会も。運営大変。

【2】30歳を過ぎるとシュートは消耗品になる
→シュートという行為が持つ体へのダメージを理解しつつあります。

【3】フットサルの体力とマラソンの体力は違うという奴ほどフットサルでも走れない
→ベースは一緒ですしね。

【4】夏場のフットサル後は体重が落ちるけど、汗をかいただけので一時的なもの
→実は秋冬のフットサルの方が運動量が増えるので体重は落ちやすい気がする。

【5】レベルの違う相手と試合をするとアフターのファールもらいがち
→判断や動きのスピードが違うのでキッキングのファールを受けちゃいます。

【6】夏場のフットサルではヘディングしたくない
→汗がちらばるのが恥ずかしい。

【7】個人フットサルで守備をしない選手とボールをこねる選手は帰って欲しい
→自分のチームでやれ。

【8】なぜかGKへのバックパスを全く使わないチームが多い
→このルールの認知度の低さは問題。ゴールスローを足で始めるチームも多い。

【9】今日の俺、何点だった?と聞くと、大体「4.5」と厳しい採点をされる
→自己評価は高くなりがち。

【10】荒れた試合後の握手は気まずい
→社内フットサル大会だと気まずさ倍増。

フットサルあるある

共感して頂ける「あるある」はありましたか?

関連記事:フットサルあるある10選 ~○○しがち編~



フットサルあるある10選 ~○○しがち編~

ここ数年真剣に取り組んでるフットサル。その中でいくつかの「あるある」に気が付いたのでシーズンオフのこのタイミングで発表させて下さい。個人的な「あるある」も含まれていますがご了承下さい。

【1】自分が応援しているクラブ以外のJリーグクラブユニを着ている選手に対してはフィジカルコンタクト激しくなりがち
→基本ガンバのトレーニングウェアを着てプレーしているのですが、つい他クラブユニを着ている選手とのマッチアップは負けたくない気持ちが強く出ちゃいます。

【2】下手な審判ほど仏頂面で笛吹きがち
→大切なのはコミュニケーションなのに。結局、自分の判定に自信がないからそうなるのでしょうね。

【3】出来が良かった試合直後はアンダーシャツ一枚になりがち
→ユニホームを脱ぎ、アンダーシャツ一枚になる事で「やりきった感」が更に生まれます。

【4】女子がベンチで応援しているチームが相手の時は攻守の切り替え早くなりがち
→せめてフットサルでは負けたくないという気持ちが体を動かすんですかね・・・ちなみに、これは逆もまた然り。

【5】イエローカードもらった直後は唾吐きがち
→不貞腐れてます。

フットサルのある風景

【6】大会で負けた後の飲み会では「まあ、事実上の優勝やけどな」と言いがち
→根拠はないです。

【7】中途半端に足元の技術がある選手ほどセルフジャッジしがち
→あと、意図のない無駄なタメも作りがち。大体、強いフィジカルコンタクトで潰されてます。

【8】練習試合でGKが相手陣内までドリブルすると変な空気になりがち
→別にいいんですけど。空気は読めない奴のレッテルは貼られますよね。

【9】試合前の握手で相手が両手を出してくると精神的優位に立ちがち
→着ているウェアが古いモデルのものでも精神的優位に立てます。大体、服装で実力分かります。

【10】意識の高い選手は試合前にアミノバイタルかVAAM飲みがち
→体脂肪を燃やしてスタミナに変えないといけないので。


共感して頂ける「あるある」はありましたか?





2014年サポーター活動振り返り

毎月のように仲間と地方に行って、サッカー観て、観光して、美味しいもの食べて、ブログ書いて・・・いつかこんな日々も終わりが来ると覚悟をきめてから早数年。今年もなんとか続けさせて頂きました。しかも、今年は国内だけに留まらず2度の海外サッカー遠征も経験。勿論、こういう生活をしている事で失っているもの多々ある。しかし、サッカーから得ているものを考えれば完全に黒字決済。今年もサッカー三昧の一年を過ごせた事に感謝。

そんなこんなで今回は年末っぽく1年間のサポーター活動を「海外遠征」、「ガンバ大阪3冠達成」、「自己分析」の3つのテーマで振り返り。先に断っておきますが、自分以外誰が楽しんだという内容になっております。帰省途中の新幹線、バス、車、飛行機の中で暇で暇でどうしようもない人のみ読む事を推奨致します。

ガンバサポ すいたん

■海外遠征

今年は「インドネシア」と「ブラジル」の二ヶ国に海外サッカー観戦遠征。

インドネシアはスタジアムが「カオスになる」事で有名。規制だらけのJリーグの中で普段生きている身としてサッカーの多様性を体験したいと思い、シーズンオフの2月を利用してさくっと3泊4日の旅へ。結果的には来年に延期になったものの、ガンバが親善試合をするという情報もあったので下見の意味合いも。

■関連記事①
【インドネシアサッカー観戦記】カオスがもたらす熱狂のスタジアム
■関連記事②
Jリーグがインドネシアで受け入れられるために

中指立てサポーター
中指当たり前の世界!

そして、ブラジルは言わずもがな「ワールドカップ」。日本代表戦を含む3試合を観戦。チケットや飛行機、宿の手配など事前準備を含めると結構な時間とお金を費やした今年のハイライト。結果は残念だったけど、ブラジルの地で「ヤットー!!」「今ちゃーん!!」と普段から応援している選手の名前を叫べたのは幸せな経験だった。シュラスコも美味しかった。

関連記事③
ブラジルワールドカップに行ってきます ~遠征準備まとめ~
関連記事④
ブラジルW杯遠征まとめ【前編】
関連記事⑤
ブラジルW杯遠征まとめ【後編】
関連記事⑥
インタビュー ~ブラジルワールドカップの思い出~

マラカナン1
マラカナンのピッチを見た時はなんの思い出もないのに感動した。それが聖地

■ガンバ大阪三冠達成

間違いなくガンバ大阪史上最高の偉業だとは思うものの、2005年のリーグ初優勝や2008年のACL、CWCと比べると比較的落ち着いて過ごせたシーズン。嬉しくないという事ではなく、経験があるというのはそういう事。大人になったという事・・・大人になるって複雑。ただ、過去の経験があったからこその三冠だとも思うので、こういう積み重ねこそがクラブの更なる発展には必要不可欠である事も分かっている。しかし、スタジアム募金期間中の三冠は奇跡だわ。ガンバの未来は明るい。

■関連記事⑦
ガンバ大阪 2014シーズン総括 -健太監督、チームマネジメントの勝利

ヤットさん優勝おめでとう
三冠全ての瞬間に立ち会えた事はサポーターとして最高に幸せ

■自己分析

サッカーに関してブログでのアウトプットを初めて8年。今年は過去ほとんど書いていなかった「サポーターとしての自分」を自己分析する記事を数本書いた。20代の頃の自分が見たら「イタい奴だな」と思うに違いない。ただ、違うのだ。30歳を越えて、結婚もしないで毎週毎週サッカーを観に全国を飛びまわっている自分に対して周りの目が厳しくなりつつあるのだ。自分はこのままでいいのだろうか。自己分析と前述したが、正確には自問自答。禅みたいなものである。

関連記事⑧
「熱狂」の理由 ~Jリーグサポーターの自己分析~
関連記事⑨
Jリーグサポーターブロガーが情報発信をする上で意識している事

ととすけ刺身
今シーズンのベストアウェイグルメは清水遠征時に食べた「刺身定食」(ととすけ)

以上で2014年の振り返り終わり。今年もお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。2014年シーズンが盛り沢山だったので今は少し燃え尽き気味ではありますが、一応来シーズンもブログは続ける予定です。引き続き宜しくお願い致します。

では皆様、良いお年を。

P.S.ちなみに2014年で一番読まれた記事は「違法視聴がJリーグを潰す -無料でJリーグを観ている貴方へ-」でした。来年はポジティブな記事が読まれますように。



【お知らせ】ブログを少しだけリニューアルさせました

ブログを少しだけリニューアルさせたのでお知らせ致します。理由は特にないです。強いて言えば、暇人だからです。主な変更点は4つ。

①独自ドメインの取得

新しいURLは【http://7additionaltime.jp/】です。今までは意味不明なURLだったのですが、ブログ名と連動させた文字列にしました。前URLにアクセス頂いてもリダイレクト設定をしているので問題なく見れるはずですが、RSSのURLも変わってしまっているので、リーダー等で読んで頂いている極少数の方には再設定をお願いしなければなりません。RSSのURLは【http://7additionaltime.jp/?xml】になります。

②アフィリエイトの開始

独自ドメインを取得した事で今まで無料だったブログ運営に300円/月のお金が発生する事になりました。ゆえに独自ドメイン代を稼ぐ事を目的にアフィリエイトを開始します。実施するアフィリエイトは「amazon」。PC環境によっては見れない人もいるかもしれませんが、記事内および左カラムに弊ブログの「書評記事」で紹介した本の広告を掲載します。

ちなみに、1冊売れれば本代の3%のお金が入る仕組みになってます。1000円の本が1冊売れれば30円。10冊売れれれば300円。これが当面の目標額になります。しかし、ブログのアフィリエイトだけで生活している人ってどんなけ売ってるんだ・・・。

③メールフォームの設置

コメント欄やツイッターでは言えない事がある方はご利用下さい。ただ、テストしたところ残念な事に迷惑フォルダで受信しているようなので見落とす可能性があります。「ブログを書籍化させてください!」みたいなご連絡をお待ち致しております。

④広告の非表示(主にスマホ)

アフィリエイトを開始した一方でその他の広告を全て非表示にしました。特にスマホで読んで頂く際は広告の存在は邪魔だったと思うので、読みやすくなっているはずです。

以上です。引き続き宜しくお願い致します。

P.S.独自ドメイン所得のタイミングで過去記事のSNS反響数の表示が全て0にリセットされてしまった・・・残念。

※関連記事:JリーグサポーターがWEBで情報発信をする意義



2013年Jリーグサポーターブロガー活動総括と2014年目標

あけましておめでとうございます。2014年最初のエントリーが昨年のサポーター活動の振り返りという・・・・・・昨年末に予約投稿していたつもりが、更新されぬまま年を越すという幸先の良い2014年のスタートなのであります。

という事で、予約投稿していたエントリーの「今年」を「昨年」に変えるなど多少の文章修正をして堂々のブログ更新。今回は「情報発信」という部分に絞って2013年のサポーター活動を総括。そして、それをふまえた上で今年の目標を決めようという真面目なやつです。

■ブログ記事アクセスランキング

昨年はブログ開始7年目にして密かにPV数を意識してました。別にアフィリエイトをやっている訳でもないのだけど、ちょっとチャレンジしてみようと。アラサーになって自己顕示欲が出てきた恥ずかしいタイプの人間なんです。具体的に実施した事の1つが「更新頻度のUP」。昨年はガンバ大阪の試合観戦記以外に「サッカー書評」の記事や、「ロス7写真館」と題してアウェイ遠征時に撮影した写真をUPする記事を書き始めたのもこの一環。

そして、「コラム(風)」な記事も書き始めたのですが、これが意外にPV数を集めたんですねぇ。弊ブログの記事カテゴリーにおける「サッカー雑記」に分類される記事。元々コラムを読むのが好きだった事と、一昨年、「社内報に自分のサッカー観戦ライフを書いた話」という記事がそこそこの反響を頂いていた経験から調子に乗ったんです。ちなみに、昨年のアクセスランキングはこんな感じ。

1位:「アルプス一万尺」の歌い方 ~アウェイサポーターとして松本遠征を経験して~
2位:JリーグサポーターがWEBで情報発信をする意義
3位:悲劇的敗戦がもたらすもの
4位:【J2第30節】ガイナーレ鳥取-ガンバ大阪@とりスタ
5位:【J2第38節】徳島ヴォルティス-ガンバ大阪@鳴門大塚

松本遠征は昨シーズンの最大のサプライズだったので、自分の熱量とPV数が比例した事は嬉しかった。下記にブログの反響の一部をまとめましたが、ツイッターやコメント欄を通じて色んな声を頂けたのは励みになりました。ありがとうございました。ちなみに、4位は「ガンバ特需」への疑問を投げかけた記事で、5位はゴール裏での心温まるエピソードを書いた記事なので、実際は純粋な試合観戦記はベスト5にはないです。J1では大阪ダービーやレッズ戦の観戦記が多くのPVを集めるので、このあたりにも昨年はJ2を戦ったシーズンだったんだなぁと懐かしむのであります。

松本山雅ブログ反響


■ツイッターでの情報発信

ツイッターは「情報発信」よりもインプットの部分を重視して使っているツールではあるものの、ツイッターならではの情報発信を始めました。具体的には「試合簡易まとめ」、「現地小ネタ」、「ニュース所感」の3点。

「試合簡易まとめ」はブログの下書き的な意味合い。これをやる事でブログを書く時間が大幅に短縮されたのはブログを続ける上でも意味ある事だった。また、ブログにおける今年の観戦記は毎回、意識的に視点を限定して書いたので、ツイートがブログを補足する役割も担えたのも良かった。

「現地小ネタ」はこれまたブログに書くほどではないけども、面白い出来事を補足する役割の情報発信。今年はブログ本文中に(笑)を入れない事を1つのルールとして書いた結果、意図しない硬派なブログになった気がします。そのブログと実際書いている人間のパーソナリティのズレを修正する(バランスを取る)意味合いもあったかなと。

「ニュース所感」は私の全ツイートにおける50~60%を占めているもの。ニュースを垂れ流しにするのではなく、自分の意見を付け加えて発信する事でニュースを真に受けない習慣を身に付けると同時に、付加価値とまではいかないとしても、違うニュースの視点を受け手にもたらす事ができればといいなという考えからのアプローチ。

ツイッタ―


■反省と今年の目標

昨年の情報発信という部分でのサポーター活動は合格点。「ブログの更新頻度」もシーズン中(3月~11月)は目標にしてた月8本ペースを達成したし、今年の新たなチャレンジであった「写真」も13本の記事を書けた。コラム(風)記事ではヒットも生めたし、ベースとなるガンバの試合観戦記は昨年も全試合レビューできている。

反省は昨年はアウトプットの量を意識した結果、インプットの量が少なかった事。インプットありきのアウトプットである事をもう一度意識しようと思ってる。昨年はガンバ以外の試合をあまり観れていないし、インターネット記事や雑誌に偏って「本」をあまり読めなかったので、「サッカー本書評」の記事を増やす事は来年の目標の1つ。

また、インプットに多様性をもたせるためにツイッターでは他サポを積極的にフォローしていきます。同じJリーグサポーターでも価値観が違う人は多く、そうした考えを知る事で違った視点が持てるようになるし、違ったアウトプットにもつながるかもしれない。

そして、もう1つの目標は昨年に引き続きPV数の向上にチャレンジする。ブロガーとして一度ちゃんとチャレンジするのも悪くない。ブログきっかけで新たなサッカーファンとの出会いが生まれたらいいな・・・なんて淡い期待も抱きつつ。PV数が増えた先に何かしらゴールがあるならば、それは「出会い」なのかなという気がしてるから。

仕事も含め、今年は「人と会う」機会を増やしたい。昨年から少しずつ実践していた事だけど、それは次のキャリアを意識しての「セミナー」でもいいし、「オフ会」でもいいし、「フットサル」でもいい。その中でブログきっかけでの出会いがあれば素晴らしい。真面目に続けているブログが自分の人生にもっと影響して欲しいと思っている2014年なのでした。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

ご意見、ご感想は下記SNSをご利用下さい