【高校サッカー観戦記】ライバルを応援できる強さ

1月5日、高校サッカー選手権を観戦しに等々力競技場に行った。お目当ては2017年シーズンからガンバ大阪へ入団が内定している東福岡高校の高江麗央選手。生でプレーを観たのは初めてながら、プレーエリアも広く、状況判断に優れた好プレーヤーだった。スピードがあり、ドリブル突破という武器を持っている事からサイドでボールをもった時の雰囲気もある選手で、数年後にトップチームでも活躍するだろうなと思わせるポテンシャルを感じた。

そんな高江選手よりも印象に残った選手がいた。それはスタンドで応援する“ベンチ外”の選手達だ。普段、Jリーグを見慣れている私でも彼らの声量と一糸乱れぬアクションには毎年驚かされる。ベンチ外という悔しさを押し殺してライバルでもあるチームメイトを応援する事に対する心の葛藤も想像すると尊敬の念は深まるばかり。「For The Team」の精神を学び実践した彼らはきっと社会に出てからレギュラーを掴むに違いない。彼らに幸あれ。


我が地元である大阪代表:東海大仰星の躍進にも拍手

■高校サッカーで学んだもの

ちなみに私も元高校サッカー部員である。弱小高校だったのでスタンドで応援する経験はないのだが、代わりに自分が出ていない試合は保身(レギュラーを守る)のためにチームの敗戦を願うようなメンタリティが身に付いた。東福岡の応援を観ながら「高校サッカー部時代に私は何を学んだのだろう」と自問自答すると虚しくて涙が出そうになった。試合に出るだけが全てじゃないし、そこがゴールでもない。今の私は会社で同僚の成功の心から応援できるだろうか・・・。

また、高校サッカー部時代にはレギュラー外の選手達を中心にコーチ解任を目的としたクーデーターも起きている。理由は「自分達のプレーが見られていない(Aチームばっかり見ている)」「試合中、指揮する態度が悪い」「練習内容の効果が疑わしい」・・・etc. 結果は選手達の意見が通り、コーチは解任された。こんな事が普通に起きてしまう“ぬるい”環境で育った私。「高校サッカー部は理不尽を学ぶところ」とは某解説者の言葉だが、前述のような不満は社会では当たり前に発生するし、理不尽への免役がない自分は今後社会でやっていけるのか不安になった。

大人になった今でも、高校サッカーから学べる事は多い。

関連記事:「最後のロッカールーム」での嘘泣きから10年が経って ~高校サッカー備忘録~




サッカー関関戦を観に行ってきた話

先日、大学サッカーを初観戦してきた。母校でもある関西学院大学と関西大学の対戦。通称「関関戦」。大学サッカーにおける「ダービー」みたいなものだと勝手に解釈して、学生同士であるがゆえの限度を知らないバチバチとした戦いが観れるかもしれないという期待と共に。

サッカー関関戦 西京極
結構お客さん入ってました

■「楽しい」が生む一体感

会場は西京極。まさかの入場料1000円。母校の発展になるのなら・・・と自分に言い聞かせてチケット購入。入場。関学のエンブレムである新月が懐かしい。ガンバと日本代表以外でどちらかのチームを応援して観れるサッカーの試合は結構新鮮。関学サッカー部タオマフが欲しくなる。ガンバレ関学。関大とかダサいぜ。

スタメンを観る。Jリーグユース出身ばっかり。改めて大学がトップ昇格を逃した選手の受け皿になっている事を実感する。関学にはガンバユース出身がいて、関大にはいなかった事が自分の中での関学贔屓に拍車をかける。しかも、関学ユニホームは青。関大は赤。関大、敵認定。

校歌斉唱。関学校歌「空の翼」。ちゃんと歌う学生に関心。さすが体育会。そりゃ就職活動うまくいくわ。と思ったら、周りにいたOBのおじさん&おばさん達も熱唱しとる。覚えてるのすごい。自分の母校愛の薄さを恥じる。阿部ちゃんは歌えるかな?

試合はフィジカル面に強みがある関学と、しっかりボールをつなぐ関大という印象の内容。荒さはなくフェアだったのが意外。審判への抗議や相手とのいざこざもほぼ無かった。まあ、Jユース出身ばっかりだし、皆高校生の頃から知りあいだったりするんだろうな。ちなみに、結果は我らが関学が関大に勝利。関学こそ正義なり。

サッカー関関戦 メンバー表
メンバー表。Jリーグの下部組織出身選手多い

試合観戦で一番印象的だったのがスタンドで応援する学生達の様子。多分、ベンチ外の選手達も多く含まれていたのだろうけど、やらせれている感がなく、皆楽しそうだった。自分もサークルに所属した時に同じ空気感を経験しているけど、一人一人の場を盛り上げようとする意識の高さがすごい。楽しいは正義。楽しさこそ一体感を生む。強制では一体感は生めない。まさか大学サッカーの観客席を見て色々考えてしまうとは・・・。

Jリーグのゴール裏って多少の悲壮感がある。犠牲もある。それが美徳とされている感もあるし、その世界観がタコツボ化に拍車かけている気もする。個人的にはその空気感は嫌いじゃないのだけど、そうじゃないアプローチがあってもいい。まずは多様性を認める事。色んな楽しみ方がある事を尊重する事。それが逆に一体感を生むのかもしれない。

関連記事:「アルプス一万尺」の歌い方 ~アウェイサポーターとして松本遠征を経験して~




車椅子バスケを観に行って思った事

先日、東京体育館車椅子バスケの全国大会を観に行ってきた。2020年東京パラリンピックへ向けて「障がい者スポーツ」に対する理解・興味向上は自分の中で中期的なテーマとなっている。どうすれば自分を含め、車椅子バスケをはじめとする「障がい者スポーツ」という馴染みのないスポーツに興味を持てるようになるのか。何が魅力で、何が課題なのか。現場で生で観戦する事で見えてくる事があるかもしれないというのが観戦動機。

車椅子バスケ 東京体育館
入場無料。大会公式HPはコチラ

■「障がい者スポーツ」は退屈か?

当たり前だが「車椅子バスケ」は「バスケ」ではない。選手達の異常に発達した上半身。バスケでは考えられない激しいフィジカルコンタクト(正確には車椅子同士の接触)・・・にも関わらず、一切選手同士のトラブルや審判へのクレームが少ないフェアプレー精神。車椅子であるがゆえの早い攻守の切り替え、激しすぎるマンツーマンディフェンス・・・こんなにも戦う気持ちを表に出すのかと驚かされる。バスケにはない魅力が確かに存在する。

「障がい者スポーツ」は同情の対象として観てしまいがちだ。事故や病気の過去、家族・友人の支え、後悔や葛藤・・・そういう視点で観る事自体は否定しない。健常者スポーツですら人間ドラマでばかり語られている。ただ、純粋に「スポーツ」としての魅力も存在する事を知るべきだし、伝えるべきである。生でプレーを見れば選手達が同情の対象などではなく、トップアスリートとして「尊敬」の対象である事を実感できる。

車椅子バスケ 体験コーナー
会場内では車椅子バスケ用の車椅子の体験コーナーも

観客席はおそらく80~90%が関係者だと思う。会社の同僚、親族、友人。関係者以外にも魅力を2020年へむけて少しずつでも伝えていかなければいけない。パラリンピックがガラガラの国なんてダサすぎる。そして、2020年のパラリンピックをきっかけに障がい者にとっての日本が少しでも変われば素敵な事だ。

関連記事:ブラインドサッカー普及のために必要なこと



「変えない」という選択の未来は? ~平井将生のアビスパ福岡でのプレーを観戦して~

鳥栖戦の翌日、将生と寺田を応援しに「アビスパ福岡-横浜FC」をレベルファイブスタジアムに行ってきた。環境が変われば役割も変わりプレーも変わる。それはプレーの幅が広がるという事だし、その変化は成長だと思う。実際、自分のプレーを変える事を目的に移籍する選手もいる。将生と寺田がガンバ時代から移籍先でどんな成長した姿を見せてくれるのか。ガンバの試合を観るのとはまた違った楽しさがあった。

レベスタバックスタンドからの眺め
福岡サポの「福岡勝たせよ~ぜ♪」のチャントが気に入りました

■次のステップへ

寺田はチームの中心だと言っても過言ではない存在感があった。ガンバに一瞬復帰した2012年シーズンもその片鱗は見せてくれていたけど、一番変化した点は守備面。フィジカルが強くなって対人プレーでの弱さを感じなくなったのはJ2という環境がそうさせたんだろう。この試合のポジションは守備を強く意識したボランチで、終始バランスを気にしてプレーしていた。とは言え、最大の魅力はボールをもった時のプレーで、視野の広さが一人だけレベルが違った。味方の反応の問題もあってか、判断が遅れるシーンはたまに発生するのだけど攻撃の起点でもあり続けてた。間でボールを受け続け、的確にボールをはたける技術はヤットと重なる部分もあって、J2でプレーし続けるのは勿体ない。本人はこの先のキャリアをどう考えているのだろう。

■変えなかったスタイル

一方、将生は後半頭から出場。冒頭で「環境が変われば役割も変わりプレーも変わる」と書いたけど、結論から言うと将生のプレーは全く変わっていなかった。これが良い事なのか悪い事なのかは結果で判断するしかないのだと思う。スタメンを争う坂田ら福岡のFW陣がハードワークしているのを見ると、それをせずにひたすらゴール前でシュートを狙い続ける将生のスタイルは結果を出す以外に生き残る道がないとも言える。ただ、福岡にはヤットもフタもいない。良いパスはほぼ出てこない環境で結果を残し続けるのは楽な道ではやい。事実、この試合でも大半の時間で消えていた。あのプレースタイルはバイタルエリア以外での貢献度が低すぎると思うのだけど、全てを帳消しにする後半ロスタイムでの決勝ゴール。将生のサッカー選手としての生き様が凝縮されたような展開だった。決勝ゴール直前には決定機を外している事を考えると戦犯として扱われてもおかしくない44分間からの逆転劇。ガンバだったら途中出場途中交代の可能性もあった。そう考えると、パスは出てこないけど、使い続けてくれる今の環境の方がワンチャンスにかける将生にとっては理想の環境なのかもしれない。

両選手ともにチームに居場所がある事を確認できて安心した。元ガンバの選手は一部の例外を除いて移籍先での活躍を祈ってる。2人ともキャリアのピークは未来にある。

P.S.鳥栖(福岡)遠征ラーメン探検記第二弾は超有名店「一蘭」。訪れた天神店では全国でこの店舗限定で発売している「釜だれとんこつラーメン」なるものが存在するんです。味の違いは正直、分かりませんでした。

釜だれとんこつラーメン

一蘭天神店外観

オーシャンアリーナに行ってきた話

名古屋戦の記事でも少し書いたのですが、名古屋戦の翌日にずっと行きたいと思っていたオーシャンアリーナに行ってきたので今回はその話をさくっと。

オーシャンアリーナというのはFリーグの名古屋オーシャンズの本拠地で、日本初のフットサル専用のアリーナ。場所は名古屋駅から25分くらいの場所にある金城ふ頭駅。この駅には「リニア・鉄道館」があり、ツイッターを観ていると多くの方がここを訪れたみたいなので、オーシャンアリーナにもガンバサポがいるかなと思っていたのですが見渡す限りそれっぽい人はおらず。

AWAY遠征はサッカー観戦に加えた+αがポイント。ただ、名古屋(グランパス)は開幕時からJ1のチームで長年ガンバサポを続けている方々的には行き飽きた場所である事も事実。名古屋城はもう登りたくないのです。味噌カツはお腹一杯なのです(まあ、私は今年も食べましたが)。だからこそ、Fリーグをお勧めしたい。同じ足でボールを蹴るスポーツとして楽しめるはず。

そして、同じ地域にJリーグクラブがあるFリーグチームの関係者に提案したい。JリーグのAWAYクラブサポーターもお客さんとすべきターゲットであると。名古屋オーシャンズは豊田スタジアムと瑞穂スタジアムに看板広告を出すべき。グランパスに頭を下げてJリーグ&Fリーグの2試合セットチケットを発売すべき。(既ににしてたらごめんなさい)

僕が知る限りAWAY遠征に頻繁に行っている方は時間の使い方に非常に貪欲。ちょっとやそっとの移動は苦にしません。今回の遠征でも、やたらひつまぶしを食べている人が多く、経済的にも豊かな方が多そうなイメージ。私は毎回皆さんの情報収集力に驚かされるのです。

今年のG.W.韓国遠征。せっかくの韓国・釜山で時間を持て余してホテルで読書をしていた時、他のガンバサポは違うサッカーの試合を観たり、野球を観たり・・・スポーツ観戦にストイックな方ばかり。私も極力1回の遠征で色んなものを得たいのです。

そんなこんなでオーシャンアリーナを紹介。来年の名古屋遠征の参考として頂ければ幸いです。

まずは外観ど~ん。

オーシャンアリーナ1

中に入ると結構なスペースがあります。

オーシャンアリーナ スペース

ショップも。

オーシャンアリーナ ショップ1

順位表も。えっ?大阪が1位なの?・・・・全然知らなかった。まあ、全然露出ないもんな。

オーシャンアリーナ順位表

ウィキ情報だとキャパは約2500人。この試合は約1000人のお客さんでした。

オーシャンアリーナゴール裏

傾斜もあって観やすいアリーナです。

オーシャンアリーナ傾斜

今回の席はなんと最前列。安全上だろうけど、ネットはいらないなぁ。

オーシャンアリーナ最前列

試合は大分が相手だったのだけど名古屋が確か6-4で勝利。スコア以上に実力差があった印象。足元の技術もスピード感もチームとしての守備も素人目で見ても名古屋の方が圧倒的だというのが分かりました。ただ、この試合は大分が先制したおかげ(?)でそれなりに楽しめる内容ではありましたが・・・・。シュライカー大阪ー名古屋オーシャンズの試合が観たいぞ。来年はJリーグの日程を考慮してスケジュール組んでくれないかな?

Fリーグの試合は代々木のセントラル開催を含め何回か観てるけど今回が一番楽しめた。最前列の席だったという事でスピード感がいつもより感じられた部分と、名古屋オーシャンズのリカルジーニョ選手のプレーが最高。ミスはほとんど無かったんじゃないかな。全ての動きがスムーズで無駄がなく、シュートの際の足の振りが超早い。こういう一流の選手が来るとリーグも盛り上がるよね。

リカルジーニョ1

以上、名古屋遠征+αレポートでした。


ツイッターも宜しくお願い致します。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。